中国料理の世界へようこそ!

 

中華料理の魅力!

日本人の大好きな外国の料理といえばイタリアンと中華ではないでしょうか。特に中華料理というのは普段の食生活でも食べる機会が多いですよね。麻婆豆腐に餃子、チンジャオロースーに回鍋肉。今では日本食となってしまっているラーメンや肉まんのたぐいもすべてもとの流れは中国から来ています。今の日本の食卓に多大なる影響をもたらした中華料理ですが、一言で「中華料理」と言ってもその種類は多数。中国各地に特徴的な味や調理法を持つ料理が確立されています。

 

中国は日本に比べても土地が広いため、地方の名前をとった料理が存在します。広東料理、北京料理、上海料理、四川料理などなど。実は中国には昔からこのようなことばが伝わっています。「南淡、北鹹、東酸、西辣」。南は薄く、北は塩辛く、東は酸味があり、西は辛いという意味です。これはそれぞれの地方の味の特徴を現すもので、南は広東、北は北京、東は上海で、西は四川となっています。こうして各地で大きく味が違うというのが中華料理の最大の魅力ではないでしょう。

 

銀座 個室

広東料理の特徴

中華料理は世界中で多くの人々に愛されていますが、いわゆる「中華料理」というのは「広東料理」であることが多いのです。というのも、広東料理で使われる素材の多さはとても幅広く、素材の味を最大に生かすようなたんぱくな味付けが、世界中の人の口に合いやすかったということが1つの理由としてあげられます。特に日本人の繊細な味覚には広東料理が一番ピッタリくるようです。日本で食べられる中華料理のほとんどは広東料理ととらえても過言ではないでしょう。

 

とうぜん中国でも広東料理はNO1料理という位置づけになっています。「食は広州に在り」ということばをきかれたことのある方も多いはず。山の幸、海の幸など豊富な食材に恵まれ、それ以外にも虫や蛇などのいわゆる「ゲテモノ」系食材で作られる料理もたくさんあります。

 

あっさりとした塩ベースが主流の味付けで、数種類のジャン(醤)がアクセントして使われます。フカヒレ料理などは広東料理の代表的な料理です。

 

 

渋谷 イタリアン