宮廷料理の流れを組む北京料理

宮廷料理の流れを組む北京料理

中国の中でも特に寒い地方に当たるのが北京ですが、その為に体を温める鍋料理などが、多くあります。そもそも、宮廷料理や山東地方や北方民族というものの流れが多く組み込まれるのが北京料理です。宮廷料理という流れを引いている為に、他の地方の料理加えて、見栄えのする料理、繊細で手の込んだ料理が多くあり、味は濃い目になっています。これは北京が寒い地方にある為であります。

 

そして高級感のある料理というと、北京料理では北京ダックをすぐに思い浮かべる人が多くいますが、ジンギスカンなどの羊を使った料理も多く食べられています。北京ダックは、ふわふわのパンに、ぱりぱりの皮とジューシーで柔らかい肉を包んで食べます。他にも肉を使った料理もかなり充実しているのですが、そうした北京ダックを包むパンに加えて、肉まんや餃子といったような、小麦を多く使って作る料理も、多くあります。

 

日本では、焼き餃子が良く食べられているのですが、餃子の本場の中国の北京では、水餃子が食べられるのが一般的であるそうで。つるりとした口当たりが、美味しくなっています。