飲茶の歴史

飲茶の歴史

数種類の点心がずらりと並び、それをお茶と一緒に楽しむことを飲茶と言います。飲茶の歴史をたどるならば、唐の時代にまでさかのぼることができるかもしれません。しかし唐の時代にはまだ「お茶」を楽しむことがメインでしかありませんでした。

 

今の飲茶のルーツと考えるならば明の時代でしょうか。明の時代の揚州にて、今の点心の原型が作られるようになりました。数多くの点心が作られ、それを食べさせるお店も続々とオープンしました。当時は緑茶を大きな器に注いで飲みながら点心をいただいたそうです。

 

清の時代には広州で飲茶の習慣が発展しました。それまでは食事と食事の間にとる間食という感じが強かったのですが、この時代からは間食としてより朝食として食べるようになったそうです。仲間内や家族が顔を合わせて飲茶をいただく。コミュニケーションの時間としてもとても貴重とされていたようです。

 

今飲茶を楽しむならば、広東、香港、マカオといった場所がおすすめです。

 

居酒屋葛西なら