中国料理と中華料理の違いとは

中国料理と中華料理の違いとは

同じ国の料理でも微妙に異なっているのが、「中国料理」と「中華料理」です。同じようなものであっても、大きく異なっているようなのですが。まず、「中国料理」というのは、これは一流の中国人コック達が本格的に作る中国料理になります。

 

そして、「中華料理」というのは、日本人の好みに合うように味付けされていて、もとの中国料理をうまくアレンジして作られたもので、調理法が大きく工夫されています。なので、新しく作られた料理と言えます。中国風の日本料理と言う事も言えるのですが、それはラーメンや餃子などにあたります。これはヨーロッパの料理が日本にもちこまれて洋食となったのと同じようなもので、作る人は日本に長く住んでいる中国人であることが多く、こうした人たちが上手くアレンジしたものです。

 

「タウンページ」にも同じようなものでも「中国料理」と「中華料理」という風に2つのジャンルで区分けされているそうなのですが、料理人も「中国料理」と「中華料理」を区分けするようです。逆にそうした料理を食べる普通の人は、あまり深くは考えずに、どちらも曖昧にしてしまっているような感じがあります。