魚介類をよく使った上海料理

魚介類をよく使った上海料理

上海では魚介類を使った料理が奥、上海蟹なんかは有名ですね。なので、上海料理というとすぐに、上海蟹を思い浮かべる人も多くいます。さらに、代表的な上海料理というと、あんかけ料理や麺類もあり、多くの魚介類を使って作られます。日本人に馴染みのある上海料理は、その人気もかなり高くなってきています。

 

上海が魚介類の種類が豊富でることの理由としては、川や湖も多く、さらに海に近い為に、海水魚淡水魚、蟹がよく取れる為です。日本ではあまり食べられないような食材も多く使われる料理があり、カワメバル、田ウナギやスッポンなどの食材もよく使われます。こうした食材も美味しく調理されているのですが、同時に上海は中国の米所として、お米の産地でもあります。そもそも上海は温暖な気候であるので、お米がよくとれ、そのお米でつくる醤油、酒や味噌も、日本に負けないくらいの高い質のものが多く作られています。広東料理に比べると、塩辛く、甘いものが多く、こってりとした味付けのものが多いのですが、これはそうした調味料がよく使われている為です。