海外で根付いた中華料理

海外で根付いた中華料理

中国は人口が多く、世界中の国々に中国の人が移住し、そこで自分たちの生活を送る、そういう街がいくつかあります。それを俗にチャイナタウンと呼びます。日本にも横浜や長崎などに中華街がありますね。そこで暮らした人々の影響で、中国料理は世界中で食べられるようになりました。

 

その過程で、その国の人の口に合うようにも変化してきました。例えば日本でしたら、ラーメンがあげられます。ラーメンはもともと日本にはない料理でしたが、今では「日本の食文化」として日々進化し続けていますね。

 

インドネシアのナシゴレンももとは中国の料理が始まりだったそうです。韓国にはチャジャンミョンという真っ黒なソースのかかった面料理がありますが、これも中国料理の影響を受けて生まれたもの。韓国にある中華料理屋では食べられますが、中国にはそのようなメニューはないそうです。

 

エビチリやエビマヨ、マーボー豆腐や八宝菜など、日本でもよく食べられるメニューですが、本場の中国で食べると全然違うものだったということがあるそうです。おもしろいですね。

 

お好み焼き 江戸川区
トップページ吉祥寺 池袋 もんじゃ焼き お好み焼き ランチ 食べ放題