生ものは珍しい中国料理

生ものは珍しい中国料理

日本では、何も調理を加えないで、素材をそのまま食べる「生」で食べる方法がありますが、中国では、あまりこうして素材を生で食べることはないようです。そもそも、中国人は日本人と違って、生で食事をするということには、抵抗を感じると言う人も多いとのことで、日本人とは大きく違いますね。しかし、最近では、日本のマグロなどを食べて調理せずに、魚をそのまま刺身で食べる中国人も増えてきているとのことです。

 

本来は、野菜や肉を強い火力で炒めて、歯ごたえの良い素材を、うまく香りを生かして食べるのが中国料理で、中華料理と言うと、そういう風に強力な火力をもちいて、ざっざっと素材を良く炒めたものになります。

 

しかし、かつて強い火力をもちいるようになる前の中国料理というのは、素材を生で食べるということがあったということが古い文献に記されていて、かつては日本と同じように素材をそのまま生でも食べられていたようです。しかし、それが火力の発達によって、食べられなくなって、「生もの」というのは、いつのまにか珍しいものになってしまったようですね。