上海料理の特徴

上海料理の特徴

上海料理といえば一番最初に思い浮かべる食材がありますね。そうです、上海蟹です。上海蟹に代表されるように、上海で魚介類を使った料理が特徴的です。上海は海に近いだけでなく、川や湖も多く、海水魚や淡水魚など、魚介類の種類が豊富なことが特徴としてあげられます。田ウナギやスッポン、カワメバルなど、日本ではあまり食べることのできない珍しい食材を使った料理もおいしくいただくことができます。

 

上海は気候が温暖で、米の産地でもあります。そのため米でつくる酒や味噌、醤油なども質の高いものがたくさん作られています。料理にもそうした調味料がふんだんに使われているため、広東料理に比べると味はこってりとして、塩辛く、甘いものが多いとされています。

 

上海料理の代表的なものといえば、魚介類を使ったあんかけ料理や麺類などがあります。

 

海に囲まれて育った日本人にとってはとても馴染みのある料理ということもできるでしょう。最近では上海料理の人気が徐々に高まってきています。

 

浮気調査 探偵
浮気調査のご依頼は全国展開のガルエージェンシー