四川料理の特徴

四川料理の特徴

四川料理の代表格といえば、そう、麻婆豆腐。中国山椒のピリリと効いた味が病みつきになってしまいます。

 

四川料理の特徴としてあげられるのは「辛さ」、「酸味」、「香辛料」です。舌が麻痺してしびれるような辛さ「麻(マー)」と、唐辛子のような辛さ「辣(ラー)」、酸味の「酸(スー)」、そして香辛料の香りと辛さ「香(コウ)」。この4つの味の特徴の組み合わせで四川料理は作られているのです。辛いものが好きな方、香辛料が好きな方にはたまらない料理とも言えるでしょうか。

 

四川料理が食べられる四川を中心とした西南地方は、東南アジアの国々と面しており、中国本土の中でも暑い地方とされています。そのため、暑さを乗り越えるためにさまざまな香辛料を使って作られるスパイシーな料理が生まれたと考えることができるでしょう。

 

日本で食べられる四川料理は、日本人の好みに合わせて作られていますのであまり辛くないものも多いようですが、本場で食べる四川料理は本当に辛いので、辛さが苦手な方は少々注意が必要です。

 

子供服のブランド通販ならこちら
町田 賃貸ならこちら