本場の味と異なる世界の中国料理

本場の味と異なる世界の中国料理

チャイナタウンというものがあり、日本でも長崎や横浜にあります。これは人口の多い中国人が移住してきて、自分たちの生活をするようになった場所をそう呼ぶのですが、世界中の国々にもこのチャイナタウンがあります。そして、そうした影響で、中国料理は、世界中で食べられています。

 

日本でもよく食べられる中華料理と言うと、マーボー豆腐や八宝菜、エビチリやエビマヨというのがありますが、こうしたものは、日本人に合わせて作られたもので、本場の中国で食べると、まるで違うものであったというのをよく聞きます。こうしたものにラーメンもありますが、かつては日本にないラ―メンもいつのまにか日本の食ということで、進化しました。

 

他にもその国の人の口に合うように進化したものがあって、インドネシアのナシゴレンも、中国の料理で作られたものが元になっています。中国にはないメニューが韓国にあるチャジャンミョンで、これは韓国にある中華料理屋だけで食べられていて、中国にはないそうです。チャンジャンミョンというのは、麺料理で、真黒なソースがかかったものです。