中国茶の種類

中国茶の種類

日本に住む私たちの生活にはお茶が欠かせません。それは中国でも同じこと。日本のお茶文化というのは中国から伝来したものでもあります。日本だけではありません。世界中のあらゆるお茶のルーツが中国にあるとされています。歴史が深いだけ、お茶の種類も実に豊富です。

 

中国茶は発酵の度合いと製法の違いなどで大きく6つの種類に分けることができます。

 

日本でも馴染みのある緑茶は中国でも最も生産量が多いお茶と言われています。緑茶は発酵をしないお茶で、摘みたての茶葉のフレッシュな香りを楽しむことができます。

 

半発酵茶として分類されるのはウーロン茶に代表される青茶です。青茶の魅力はその香りで、中国でも特に人気が高いお茶です。

 

生産量は少なく高級なお茶として扱われるのは白茶です。これは弱発酵茶で、中国では贅沢を象徴するお茶でもあります。

 

その他には緑茶に近い味わいの黄茶、完全に発酵させて作る紅茶、最も発酵の度合いが強い黒茶があります。

 

葛西 居酒屋
スーパー銭湯 湯処葛西