飲茶の作法

飲茶の作法

みなさんは飲茶をいただいたことがありますか?これから中国や香港を旅して飲茶をいただいたときにもとまどわないように、ここで飲茶をスマートにいただくための作法をご紹介しましょう。

 

飲茶をいただくときは一般的に、大きな急須に人数分のお茶をいれ、それを各人の湯のみに注いで飲むようになります。一煎目は茶の味がよくないとされており、また湯飲みの中を洗う、湯飲みを温めるなどの意味から、一煎目のお茶は捨てるようになっています。飲むのは二煎目からです。

 

点心の注文方法にはさまざまなスタイルがありますが、今では点心の名前がずらりと書かれた注文用紙に数を記入してウェイターに渡すという方法が一般的です。

 

日本で餃子やショウロンポウを食べるときは、つけダレにつけて食べるのが一般的ですが、本場では基本的に何もつけずにたべます。お茶と食べて丁度よい味付けになるよう味付けされているためです。まれに味の薄いものにたいしてはソースが付属してくることもあります。